鎌倉市大船山口内科 すこかやな生活を応援しています
 
Tel:0467-47-1312 
鎌倉市大船3-2-11 大船メディカルビル201 (JR大船駅より徒歩5分)


9月1日より鎌倉市健診が始まります。
コロナ流行の狭間で早めに受けましょう!
発熱者は電話で連絡の上、受診を!(0467-47-1314

新型コロナすこやか22-3 
新型コロナすこやか22-2
新型コロナすこやか22-1
 新型コロナすこやか21-12
新型コロナすこやか21-11
 新型コロナすこやか21-10
 
新型コロナすこやか21-9 新型コロナ号外PDF
発熱、セキの問診票    COVID-19自己管理表

第2木曜日午後と第4木曜日午後は代診の先生となります
今月の編集後記
  毎日暑い日が続いています。先日浜松で41.1℃という観測史上最高気温がでましたが、幸い鎌倉は33℃程度が最高でつらいとはいえ、他の地域より暑くなく助かっています。お盆休みはどこにもでかけることができず、1週間の休みの中で6回ほど、三崎方面へ自転車で走りました。日中は熱中症の危険があり、5時半出発で8時半には撤収です。例年と比べると海に遊びに来る車も少なく、時間も早かったこともあり、毎日気持ちよく走ることができました。1度途中でパンクし、炎天下の中チューブ交換をするはめになりましたが、それもよい思い出で、似たようなことがあった新型インフルエンザ(H1N1)が流行した2009年の夏とダブりました。あのときは、危険性が少ないこと、検査も簡単でタミフルが効くことが夏にはわかり、社会全体も危機感が薄れてきていました。しかし、今回はいつ収束するのか想像すらつきません。半年間以上、コロナ一本ですこやか生活を書いてきましたが、なかなか突破口が見えず社会全体で様々な工夫をしながらみんなで切り抜けていかなければならないという状況です。これに加えて、豪雨などの天災が世界中で勃発しており、今までの人間社会や人の活動・生活を根本的に見直し、変えていかなければならないのかもしれません。初期治療は決定的なものがなく、ウイルスの遺伝子の一部を人の体細胞に埋める新しいワクチンが本当に安全なのかもこれからの課題で、当面は状況を見守るほかありません。感染者の拾い出しの基本である、症状のある疑似者や濃厚接触の可能性のある人に、きちんと感度の高いPCR検査を行っていき、少しでも早期の感染者を見つけ出すことが責務と思っています。
お知らせ