鎌倉市大船山口内科 すこかやな生活を応援しています
 
Tel:0467-47-1312 
鎌倉市大船3-2-11 大船メディカルビル201 (JR大船駅より徒歩5分

今月の編集後記
 21年目も、もうひと月が経ちました。この冬は好天が続いて乾燥がひどく、例年の2倍のスギ花粉の飛散が予想され、鼻やノド、気管支などの弱い方にはつらい春になりそうです。かく言う自分も年末年始の不摂生がたたったのか、連日の仕事の過労が響いたのか、ここへ来て鼻とノドをやられました。鼻づまりに黄色のタン(後鼻漏)と、インフルエンザ以外で体調を崩されている皆さんと同様な状況になっています。レントゲンでは副鼻腔に怪しい影もあり、続けてしゃべった直後に息継ぎをして、鼻やノドにある分泌物を吸い込み、むせてセキが出るパターンが出ています。こんな時は、つくづくしゃべる仕事のつらさが身にしみます。この時期どうしても一度はこの状態になりますが、しめしがつかないので、早くやっつけてしまうべく自分の治療に工夫を凝らしています。そういえば14年前に鎌倉に転入した2月の初めにも同様なことがおき、自分の症状の起こり方を見つめているうちに咳の起こり方やぜん息の疾患・病態イメージが涌いてきて、「ぜんそくをコントロー/する」という本の執筆につながりました。今回の体調不良も何らかの形で皆さんに還元できればと思っています。
 少しずつ日が長くなってきました。しばらくは寒い日が続きますが、春の気配を感じる機会が増えていきます。雪が降る日もあり、花粉も飛び体調が崩しやすい時期は終わりそうにありません。今年はインフルエンザのA型、B型が同時にはやり、家庭内に両方いるといった笑えない状況のご家庭もあります。皆様もマスクをして、くれぐれも気をつけてください。


お知らせ