鎌倉市大船山口内科 すこかやな生活を応援しています
 
Tel:0467-47-1312 
鎌倉市大船3-2-11 大船メディカルビル201 (JR大船駅より徒歩5分)

8月5日〜8月12日は、夏休みで休診となります。
今月の編集後記
 海の日に、出雲大社と世界遺産の石見銀山に行ってきました。酷暑が続いていましたが、山陰は7月初旬の豪雨の影響は無く、無事に観光できました。暑かったせいか、名物の割子ソバが美味しく、2度も食べました。今まで、ソバは関東方面から北、うどんは中部、関西方面より西という固定観念がありましたが、今ほど農業技術の発達していなかったころは、日本中どこでもソバが食べられていたのでしょう。山間の銀の村は、35℃でしたが日影が多く、一部公開している銀の坑道の中はひんやりとして、良い納涼となりました。この部落には2つ驚くことがありました。最盛期の慶長年間は小さな山間に20万もの人が住んでいたとされ、当時の人口が1200万人程度なので日本の人口の1.6%もの人が小さな山間にひしめいて住んでいたことになり、仮にその数分の一でもありえないことで、京や堺と並ぶほど賑わっていたようです。劣悪な労働環境で早死にする人が多く、それを弔うために、小さな部落には10以上のお寺がありました。また400人ほどのこの部落には、中村ブレイスという義肢制作の世界的な企業と、群言堂という高級アパレル会社があり、ビジネスに加え努力している街おこしが、地方創生のモデルになっていたことです。
 昼間の暑いさなか、ウッドデッキに打ち水をしてみました。すると、下に潜んでいたネコが出てきて、少し乾き始めたその上に寝そべりました。動物は口に出さずとも、わかっているんですね。
お知らせ